F-22とロシア軍機との遭遇事件関連2題

 スホーイー35は中国も装備するわけですから当然関心が高くなります。

http://www.hao123.com/mid?key=pZwYTjCEQvdGUhb8uy71IAw9Xi4WUvYEUyqBpyk-Q1DLnHckrjDYnjnzPWbzni4CIAd_&from=tuijian&pn=1


F-22戦闘機、ロシアの旧式実戦機に衝突されそうになる 最大の弱点を暴露:低空では完敗させられる

我々は知っているが、米軍のF-22戦闘機は世界で最も先進的な第5世代戦闘機で、優秀なステルス性能を持ち、さらにその機動性、弾薬搭載量、機載電子設備はいずれも非常に先進的で、対空対抗能力が非常に強く、すでにアメリカ空軍に就役して長年になり、実戦経験は豊富である。だが、最近F-22はある実戦の中で致命的弱点を暴露した。

アメリカ空軍ウェブサイトの報道によれば、今月13日、アメリカとロシアの実戦機がシリア領空で近距離の対抗を発生させ、対抗した実戦機とはスホーイ-25、スホーイ-35およびF-22で、最終的にF-22は駆逐された。

アメリカ空軍は次のように言う。当時2機のスホーイ-25がアメリカの支持するシリア反体制派武装組織を爆撃し、米軍は直ちに2機のF-22戦闘機を出動させて迎撃に行かせ、かつ信号弾を発射して妨害を行った。

ロシアサイドは次のように言う。米軍は当時さらに無線電信によってロシアの飛行員に対し侮辱を行い、この行動はロシアの飛行員を激怒させ、後者は直ちにスホーイ-25を操縦して米軍のF-22戦闘機に突進し、恐れたF-22はやむを得ず高難度機動を行って回避し、さもなければ衝突されるところだった。また、当時高空でスホーイ-25を援護していたスホーイ-35戦闘機もF-22の後方に回り、最終的に米軍の戦闘機は駆逐された(ロシアの言い分)。

今回の空中対峙の中からは、F-22の致命的弱点を見いだすことができる。F-22は高空での対抗能力は非常に強いが、低空作戦の中では、それは速度を下げざるを得ず、しかも近距離作戦ではステルス能力は全くなく、この種の状況下ではロシアの旧式実戦機さえそれに対抗できるのである。

また、ロシアの飛行員も非常な勇敢さを見せ、どうせスホーイ-25は1機900万アメリカドルで、一方F-22は2億アメリカドルであり、この種の状況下で衝突が発生しようとしたら、ロシア軍はきっと損をせず、米軍はこの種の先行きのよくない対抗に遭遇すれば撤退するしかない。今回の対抗の中からは、多くの国もF-22に対抗する方法を探し出した。近距離作戦では直接爺さん機を派遣すればもうOKなのである。


 これはちょっとどうでしょうかね。こういう状況ならそうかもしれませんが気付いていない敵機を警告なしに撃墜してかまわない戦時ならそもそも近距離戦に持ち込むチャンスがないでしょう。

http://www.hao123.com/mid?key=pZwYTjCEQvF9pyGGmy99Uz4Bmy-bIi4WUvYET1qGujYkPH6vrHcYrjm4PHD3P1cvnHmz&from=tuijian&pn=1


スホーイ-35とF-22がシリアで再度矛を交える 戦況報告はカギとなる重要な情報を漏らす

実戦は一切の装備を検証する最大の基準である。スホーイ-35の性能に対しては、非常に多くの宣伝と論争があった。特に対ステルス能力の上で。この論争は少し前に米軍が漏らした「スホーイ-35がシリアの戦場で米軍のF-22によって警告されたがそれにもかかわらず相手方を発見し難かった」との情報の後ある程度弱まったが、それにもかかわらずこれは個別の証拠でしかない。だが、最近また新たな両者が矛を交えたとの情報が伝わってきた。

ロシアの「情報報」12月14日の報道によれば、ロシア国防省は、スホーイ-35戦闘機がシリアの戦場で1機のF-22戦闘機に「後退を迫った」とした、とした。報道は、当時1機のF-22が2機の3000mの高度で任務を執行中のスホーイ-25攻撃機に接近し、しかる後に照明弾を発射してスホーイ-25の飛行に対し妨害を行った。1機の1万mの高空で援護任務を行っていたスホーイ-35戦闘機がその後F-22戦闘機の後方からそれに向け接近し、しかる後にF-22は離脱を選択した。同日、イギリスの「インディペンデント」がインタビューしたあるアメリカ当局者は、2機のF-22は複数のスホーイ-25に向け照明弾を発射し、しかる後にスホーイ-25は離脱を選択した、とした(スホーイ-35には言及していない)。

双方の具体的内容に対する描写はある程度食い違っているが、我々はやはりこのような経緯をおおよそ推測することができる。スホーイ-25攻撃機の任務執行時、少なくとも1機のアメリカサイドのF-22戦闘機が接近し、「照明弾を発射して妨害を行える」距離まで到達した。スホーイ-25は妨害を受けた後、上方で航路護衛任務を執行するスホーイ-35戦闘機を呼び、しかる後にスホーイ-35はF-22の尾部、つまりその機首のレーダーの探知計測区域の死角から接近することを企図し、しかる後にF-22は離れることを選択した。

情報の中から我々は次のことを見いだすことができる。F-22がスホーイ-25に接近しかつ妨害する前、スホーイ-35には決して行動がなかったようで、つまり気付いていなかった。当然、スホーイ-25も気付いていなかったようだ。スホーイ-25が妨害された後、当然目視によってF-22を発見することができ、そこで航路護衛のスホーイ-35を呼び、スホーイ-35は行動を開始した。このことは、もしスホーイ-25側の状況がなかったら、スホーイ-35はずっと「航路護衛」状態の巡航の中にあったかもしれないことをも意味している。

この勝負は、もう一度「スホーイ-35は有効な距離においてF-22を発見し難い」との説を証明したようである。結局のところ、F-22にとってそれがスホーイ-25に対し攻撃を発起する距離は遠く50km以遠にでき(超音速巡航飛行は非常に大きくミサイルの有効射程を増加させることができる)、その後超音速巡航により離脱を選択することができる。スホーイ-35が搭載するR-77ミサイルは最大射程が80〜100kmと称するが、それは「双方の実戦機が接近する形で飛行する」状況下でのことで、しかもこの時の不可避区域も30km前後でしかない。もし相手方の戦闘機が同方向に加速して飛行していたら、ミサイルの有効射程は半分以下まで急激に短縮し、不可避区域はさらに小さくなる。このため、もし実戦の中でF-22が攻撃を発起した後、スホーイ-35が攻撃後に超音速巡航で離脱するF-22を発見できるか否かは言わないでおくとして、もし発見してもおそらく追いつけず、打撃できない。

これはまた一度の他方が実際の戦例を用いて我々に「ステルス」の戦闘機に対する、全空戦に対する意義を示したものであり、さらに一歩殲-20ステルス戦闘機の我が国空軍および国防に対する意義を示したものでもある。殲-20は強力な制空戦闘機であり、他国の体系の節目となるポイントに「ドアの蹴破り」をする強力な進攻型戦闘機でもある。殲-20の量産と就役は、すでに我が国の「攻」式空軍の到来を事前に示している。

作者:利刃/晨曦


 こっちはより納得できる論ですね。ただ中国のスホーイー35は電子設備やミサイルを自称ロシアより優れた国産品に換えるとの説もあるので事情が多少変わってくる可能性もあるんでしょうか。














戻るボタン