航空自衛隊が殲ー10を強制着陸させる?

 関連の記事を2つ紹介します。

http://military.china.com/important/11132797/20140130/18323839.html


教授:日本がもし大胆にも殲ー10を強制着陸させるなら、絶対に中国が自制することに期待するな

(頑住吉注:原ページのここにある画像のキャプションです。「専門家は、日本がもし大胆にも殲ー10を強制着陸させるなら、それは純軍事行為を行ったことにほかならず、中国はもはや自制しない、とする」)

「中国戦闘機強制着陸」、「中国飛行員生け捕り」と、昨日(頑住吉注:記事は1月30日付)日本メディアが伝えたこの情報は人を驚愕させた。日本の「産経新聞」の報道によれば、日本の航空自衛隊は事前案を制定中で、これはひとたび中国軍機が釣魚島上空に進入したら、これに対して「強制着陸」を行い、かつ日本本土で中国の飛行員を「逮捕」する、というものである。さらにある自衛隊の退役した職員はメディア上で、「中国機に接近して威嚇射撃を行い」相手方に「撃墜される危機感」を与えるのが最良であるとそそのかしている。この種のひとりよがりな想像は決して初めてのものではなく、日本当局の「曳光弾を発射して中国軍機に警告する」との挑発はかつて外界に、東北アジアの人をむせかえらせるようなきな臭いにおいを嗅がせた。また甲午の年がやってきて、日本政府は120年前の勝利の古い夢をリプレイしようとしているのか、それともこのお笑い沙汰な話を用いて国内の選挙民をだますのだろうか? 昨日中国の庶民は日本のこの挙に対し決してあまり気にしなかったが、この予測し難い国がかつて1941年の新年直前に真珠湾を奇襲したことに注意を促す人もいた。29日に「グローバル時報」のインタビューを受けた国内外の学者は全て中日開戦の可能性は高くなく、日本の心理戦と政治的投機の成分が多くを占める、と考えた。国防大学教授の孟祥青は、中国当局はすでに明確に態度表明しており、ひとたび日本が純軍事行為を取れば、絶対に中国サイドの自制に期待してはならず、日本は中国の最低ラインをよく知っている、とした。

中国軍機に撃墜される危機感を与える

日本が中国軍機を沖縄に強制着陸させようとしているとの情報は29日に保守的で有名な日本の「産経新聞」からもたらされた。報道は、日本の航空自衛隊は28日、航空自衛隊は外国の公務機の侵犯に遭遇した時の「対応マニュアル」を制定中であり、その直接の原因は2012年12月13日、1機の中国国家海洋局所属の海監機が成功裏に釣魚島上空に進入して主権を示したことで、日本のレーダーシステムは当日中国機を発見できなかったことだった。この後、航空自衛隊は対応マニュアルの制定の計画を開始した。報道は、「対応マニュアル」の重点は2つあり、1つは相手方の軍用機に着陸を強制する実効性の向上、もう1つは武器使用権限の拡大である。これは日本初の「領空侵犯」に対する「対応マニュアル」の制定である。

これまで、日本で「領海侵犯」に対応するのは海上保安庁、「領空侵犯」に対応するのは航空自衛隊である。だが航空自衛隊飛行員の権限は警告を発することと強制着陸命令を発することだけである。事実として、日本の航空自衛隊は1987年にかつて旧ソ連の軍用機に対し威嚇射撃を行ったことがあるが、強制着陸の措置は全く執行したことがない。今回の「ハンドブック」はいかにして他国の軍用機を日本国内に強制着陸させるかの方法と順序を詳細に規定している。例えば、日本サイドは中国軍機が日本の「領空」を「侵犯」した時、2機の航空自衛隊のF-15戦闘機が中国軍用機を間に挟んで、強制的にそれを距離が釣魚島から比較的近い石垣飛行場あるいは宮古飛行場に着陸させることを想定している。「対応マニュアル」によれば、中国軍戦闘機あるいは情報収集機が強制着陸させられた後、この飛行機の飛行員は沖縄県警に引き渡されてその担当となる。中国飛行員の落下傘による脱出を防止するため、マニュアルの中にはさらに航空自衛隊と海上保安庁が連動し、中国の落下傘降下した飛行員に対し逮捕を実施する連絡規則さえ追加されている。また「成功裏に中国軍用機の日本における着陸が強制された後、その飛行員は『日本の領空を侵犯した罪』に問われ、沖縄県によって逮捕が実施される」。

日本の航空自衛隊は、日本の防空識別圏に進入すること最多なのは中国の殲ー10戦闘機であり、この機の搭載燃料は石垣飛行場や宮古飛行場まで飛ぶのに足りる、とする(頑住吉注:それは中国の飛行場からまっすぐ飛んできた場合の話でしょうけどね)。日本の航空自衛隊は、殲ー10戦闘機同様しばしば日本の「領空」に接近する中国の情報収集機運ー8の飛行速度はより遅く、2機のF-15戦闘機で運ー8を「挟む」方式は取れず、多数のF-15によって交代で運ー8の前後を飛行させ、それが石垣飛行場および宮古飛行場に誘導されるようにするよう改める必要がある、と考える。このような軍・警察合同行動であるが、日本国内には依然、マニュアルに照らして相手方の軍用機に着陸を強制する時、相手方軍用機を「挟み」平行飛行する方法と曳航弾を発射して威嚇射撃を行う措置だけを用いるのではまだ不充分だと考える人もいる。「産経新聞」は航空自衛隊の退役職員の提案を引用し、相手方に対し撃墜されるある種の危機感を与えることも必要不可欠であり、航空自衛隊の武器使用権限を判断し直す必要があり、最も好ましいのは相手方の機体に接近して威嚇射撃を行うことだ、としている。

少し前、自衛隊が能動的に発砲する提案がすでに政治日程に上げられている。日本のNHKテレビ局24日の報道によれば、日本政府は集団的自衛権の行使をめぐって専門家の研究討論会を開催した。現在の「自衛隊法」は、自衛隊は武力攻撃を受けた、あるいは間もなく受けようとしている時のみ、やっと武力行使できると規定している。研究討論会は春に報告を出し、これは自衛隊が武力侵害にまだ遭っていない時でも集団的自衛権を行使できる方向に照らして、関連の法律を完備するというものである。中国国防大学教授孟祥青は29日「グローバル時報」に対し、日本の自衛隊がこの時を選択して「対応マニュアル」を発表したのは、安倍が国会で押し進める集団的自衛権修正とセットの動きだ、とした。「対応マニュアル」のようなものは日本にはとっくにあり、過去1年にも中国サイドの公務機が釣魚島空域に進入したことがある。その背後の大ロジックをはっきり見る必要があり、日本が不断に挑発し、もって戦争の可能性と緊張状態を保持するのは、安倍が政治的野心を実現しようとしているのだ。

ある匿名を要求する中国軍関係者は29日「グローバル時報」に、日本の航空自衛隊が能動的に情報を発するのは、明らかに釣魚島関連の世論で先に声を上げて相手を圧倒しようとしているのであり、ある程度の心理的威嚇を帯びている、と教えた。日本サイドは、中国がひとたびこの区域における行動が予測できない結果を招くと考えれば、主導的に行為に対する管理コントロールを行うことになり、戦わずして人を屈服させる兵法ができると考えているが、これはひとりよがりなロジックである。「対応マニュアル」は行動指南に相当し、すなわち某区域に対し列挙する交戦規則である。理論的に言って、規則がもし制定、完成したら、もう実施される可能性がある。軍事専門家宋暁軍の見たところでは、紙の上での規則が中国機強制着陸の実際の行動に転化される可能性は非常に小さく、日本サイドがひとたび実際の強制着陸行動を取れば、関係の破綻に等しく、一連の結果は予測できる。

(頑住吉注:2ページ目)殲ー10戦闘機は現在の解放軍の主力戦闘機の1つである

(頑住吉注:3ページ目)より先進的な殲ー10Bは現在あるいはすでに量産が開始されているかもしれない

(頑住吉注:4ページ目)殲ー10B戦闘機は先進的なアクティブフェイズドアレイレーダーを配備している

(頑住吉注:5ページ目)日本の航空自衛隊の現在の主力戦闘機はF-15Jである

(頑住吉注:6ページ目)F-15Jの技術はすでに立ち後れているため、殲ー10と対戦した時、いかなる優勢もない

(頑住吉注:7ページ目)中国の戦略力量は日本が匹敵し得ないものである

(頑住吉注:8ページ目)釣魚島は現在すでに中日衝突の導火線となっている


http://www.hinews.cn/news/system/2014/01/31/016428172.shtml


中国政府、日本にすぐに「殲ー10強制着陸」事前案に関しはっきりさせるよう要求

(頑住吉注:原ページのここにある画像のキャプションです。「資料画像:日本の航空自衛隊のF-15Jの編隊」)

中新社北京1月30日電(記者 余湛奕) 中国外交部スポークスマン洪磊は30日中新社記者の質問に答える時、中国サイドは日本政府に、「領空」対応事前案制定関連の報道に対し直ちに責任をもってはっきりさせるよう要求する、とした。

先日あるメディアは、日本の航空自衛隊は「領空」が外国機の侵犯に遭った時の対応事前案を制定中で、その中では自衛隊機が釣魚島に進入した中国軍機を強制的に沖縄の飛行場に着陸させることができると規定されている、と報道した。

これに対し洪磊は、関連の報道は、日本がいわゆる対話と「平和主義」のスローガンを空虚に叫びながら、一方では積極的に軍拡、戦備を行い、意図をもって緊張を作り出し、戦端を挑発して作り出していることを再度明らかにしたものであり、中国サイドは日本政府が直ちに関連の報道に対し責任をもってはっきりさせるよう要求する、とした。

「釣魚島は中国固有の領土であり、中国サイドには決意があり、国家の領土主権を防衛する能力がある。もし日本サイドが大胆にもエスカレートにつながる事件を挑発して引き起こすなら、中国サイドは断固として反撃し、日本サイドはこれにより生じる一切の結果を引き受けることが必須である。」と洪磊は強調した。


 「中華人民共和国漁業法」施行方法改正問題では、中国外交部スポークスマンは「もしある人が一部の業がすでに長年実施している場所の漁業法規の技術的修正に対し、地域全体の平和と安定に脅威を構成すると言い張ったとしたら、それは最低限の常識の欠如ではなく、別の下心があるのだ」と言っていましたが、今回の件では「『対応マニュアル』のようなものは日本にはとっくにあ」るにもかかわらず、これが「意図をもって緊張を作り出し、戦端を挑発して作り出していることを再度明らかにした」というのはどうにもこうにも筋が通らないのでは。




















戻るボタン